--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ

赤い目のレモン

2012-05-11
レモン(シナモン文鳥)は今日もとても元気です。

朝、餌を準備し水浴び器を設置すると、先ずは食事をし、(野菜などは食べたい分だけ食べ散らかし、この段階で結構な量が菜差しから姿を消してしまいます。)そして、さえずり、水浴びをし羽繕いをし・・・とにかく活発に朝を過ごすと、

IMGA0385.jpg

IMGA0389.jpg

日中の定位置です。
静かだなと思うと大体ここにいます。

ケージに近づいたり、こちらの気配を感じると、すぐに寄ってきてしまうので、今までうまくカメラに収める事ができなかったのですが、隣の部屋からのズーム撮影からの忍び足での激写です。

2羽のケージは、程よく日光(直射ではない)が当たる、時季を問わずとても清清しい”良い場所”のはずなのですが、紫外線(UV-A,UV-B)から目を守るメラニン色素が少ない赤い目のシナモン文鳥であるレモンには、そんな程良いように見える程度の日光でもまぶしいようです。

それでも日の当たらない生活をさせるわけには行きませんし、良い場所をみつけてくれたなと思います。

まあ日中でもブランコに乗って気持ち良さそうに過ごしている事も多いので、飼い主としてそんなに気にしているわけでは無いのですが。



そんな時のブンソー(桜文鳥)はというと、

IMGA0209.jpg

一番日が当たるブランコに乗って外を眺め、羽繕いをし、とにかく良くさえずっています。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ

愛らしい桜文鳥のお兄さん

2012-04-20
放鳥中のレモン(シナモン文鳥)は、いつもブンゾー(桜文鳥)を熱心に付け回すので、大体2羽は同じところにいるのですが、最近レモンの姿が見えなくなる時があります。

どうやらお気に入りの場所を見つけたようで、そんな時はいつもここに。



わざわざ準備した遊具の鏡にはそこまで興味を示さないのですが(いろいろな意味でブンゾーとは正反対)。

そして、そんな時のブンゾーは何だかとても穏やかで、束の間の1羽の時間を満喫しているようです。



ストーカーのレモン。
IMGA0150.jpg

自分の場所さえも追われるブンゾー。
IMGA0869.jpg

IMGA0871.jpg

IMGA0870.jpg


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ

Jump

2012-04-03
生後6ヶ月を迎え、レモン(シナモン文鳥)はもう完全に大人です。
そして、やはりブンゾーは怒っています(換羽中)。



にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ

いろいろ気になる

2012-03-30
換羽中で気が立っているブンゾー(桜文鳥)を何度も見舞うレモン(シナモン文鳥)ですが、その度に怒られています。



ブンゾーが気になる
    ↓
ベルが気になる
    ↓
カメラが気になる
    ↓
結束バンドが気になる
    ↓
ブンゾーが気になる

しかし、相変わらず人間への興味が薄いレモンは、カメラを向けてもマイペースです。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ

さえずり、はじめました。

2012-03-27
ブンゾー(桜文鳥)には、ペットショップから迎えた生後2ヶ月の頃からしばらく、コミュニケーションのつもりで鳥のさえずりの真似や短いメロディ等を口笛で吹いて聴かせていました。

おかげで今でも、口笛を吹くと一目散に飛んできますし、吹き続けていると、わざわざ口笛を吹く口元まで来て、唇に耳をくっつけるようにして、”耳、聞こえてるよね?”と言いたくなるような実に奇妙な距離と格好で聴き入っています。

一方、ブンゾー一筋のレモン(シナモン文鳥)にはほとんど吹いて聴かせなかったので、(ブンゾーには今も呼ぶ時等に吹くので、耳には入っているはずですが)、今更、しかもたまにやってみても当然反応しません。もちろん呼んでも来ません。

ブンゾーはそんな口笛を熱心に聴いて、文鳥語に翻訳し、自分のさえずりにしました。

そして、最近、長いさえずりを聴かせるようになったレモンのさえずりは、ブンゾーのコピーです。


分かりづらいですが、「夕焼け小焼け」(毎日17:00に近所の小学校で流れます)がはじまる辺り(0:27~)で先にさえずるのがブンゾーで、その後、追いかけるようにさえずるのがレモンです。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。